新車が売れる時期は査定も高くなる

1年の中で新車がよく売れる時期はディーラーの決算期がある
3月と夏のボーナス後の9月~10月と言われています。
では、車買取一括査定してもらうにはいつがよいのでしょうか。
実は、中古車も同じようにその時期にたくさん売れると言われて
います。新車が売れる時期には中古車も売れるというのは面白い
ですね。もしかしたら、新車を見に行ったついでに中古車も
見に行く人が多いのかもしれません。

たくさん売るために、たくさん仕入れたいのが買取業者の心情
です。すぐ売れるのであれば多少高くても多く買い取って
多く売った方が方が得だと言う心理が働くために1月の下旬から
3月、8月から10月の期間では買取価格が高くなります。

年末と4月は買取査定は低くなる

逆に車の買取査定が一番低くなるのは年末と4月だと言われて
います。
車は製造年でが車の新しさの指標になるので、年が変わると
年式が1年古くなることになります。
そのため、年がかわる年末周辺は買取査定額が下がります。

また、決算時期の3月を超えた4月は車の売れ行きが鈍るために
買取査定が下がると言われています。

こう考えると、車の売り時は年明けから春まで、夏から秋口までの
2つの期間となります。

高く売れる期間とそうでない期間ではかるく10万円以上の査定額に
差が出るとも言われているので、よく考えてお得な時期に車を
売却したいものですね。

古い車でも値段がつく自動車一括査定

先日、初めて自動車一括査定を利用しました。利用した理由は、手元の車の年式がかなり古かったためです。中古車業者の中には古い車でも買取してくれるところがあるのではないかと期待をして、様々な業者から査定が受けられる自動車一括査定を利用したのです。

走行距離は少なかったものの、年式が古かったので駄目で元々の気持ちで査定を依頼しました。予想通りいくつかの中古車買取業者からは査定の対象外とうお返事をいただきました。しかし、数社の中古車買取業者からは価格がつくとのお返事をいただきました。

確かに、車の価格として考えるとかなりやすい金額でしたが、それでもある程度の金額だったと思います。まったくお金にならないと思っていたものにお金がつくわけですからラッキーとしか言いようがありません。

一社に価格がつかないといわれてもあきらめる必要はないはずです。自動車一括査定であれば、複数の業者から査定が受けられるので価格がつくこともあります。この点が大きなメリットといえるはずです。